夏休み期間中に行った感覚統合療法ついて☆彡

こんにちは。ラブアリス桑園です☺

例年より暑い夏が過ぎ、過ごしやすい気候になってきましたね。

 

今回は夏休み期間中に行った感覚統合療法についてお話していきます。

まず、感覚統合療法において重要である「感覚」。どのようなものが思い浮かびますか?

視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚の五感はもちろん、他にも固有受容覚、前庭覚という感覚も重要とされています。

 

今回、私たちは「触覚✋」に着目し、夏休みだからこそじっくりと楽しんで行える活動を行いました☺

触覚の情報処理が上手くいかないお子さんは必要以上に触覚刺激を防衛する役割を使い、触る事や触られる事に不快感を示すことがあります。

例えば、①散髪や耳掃除、歯磨きが嫌い②衣服へのこだわりがある③砂・泥・のり・スライムが嫌いなど様々です。

このようなお子さんに対して感覚統合療法行いながら不快な感覚が受け入れられる範囲が広がると、触覚防衛反応が軽減すると言われています。

これらを踏まえて実際に行った3種類の活動の様子についてご紹介していきます。

 

 

①【手形・足形アート】

夏らしい「かき氷(手形)」or「スイカ(足形)」の2つからそれぞれが選択し製作を進めました。

手形足形作品

筆で絵の具を塗られる感覚がくすぐったくゲラゲラ笑ってしまうお子さんや「もう!はやくしてよ~~(>_<)」と言いながらも頑張って刺激に耐える感覚過敏のお子さんなど様々な反応が見られました。最後まで挑戦出来た事が一つ成長です!

濡れた雑巾や水の入った桶を用意し、手足が汚れてもすぐに落とすことが出来るよう安心して活動出来る環境作って行いました。

水で絵の具を洗い落とすのも暑い日には気持ち良かったようです(*^-^*)

手形足形絵の具

 

 

 

②【スライム作り】

感覚統合療法にてよく用いられるスライムです。

洗濯のりや水の他に泡ハンドソープやコンタクトレンズの洗浄液を使用した不思議なスライムを作りました。

かき混ぜているとハンドソープの匂いが広がってきます。嗅覚も刺激されますね。

更に絵の具を混ぜて自分好みのものに仕上げていきます☆彡

スライム

完成したものは伸ばしたり、ちぎったり、丸めたり…と手指の運動にも繋がってきます!

冷蔵庫に入れて保管するとひんやりと冷たい感覚も入力出来ますね☺

 

 

 

③「ぷよぷよボール」を使用した【サマースノードーム作り】です。

ぷよぷよボールとは100円で購入出来る玩具の一つです。長時間水に浸していると少しずつ大きくなっていきます。

ぷよぷよ

ぷよぷよボールと水の入ったカップから手づかみでボールを移していきます。

水の冷たい感覚が気持ちが良く、沢山のぷよぷよボールがゴロゴロと手に当たるのも不思議な感触です。

サマースノードーム海翔ぷよぷよボールの他にも貝や海の生き物の小物、ビーズ・ラメを入れたり、好きな色の絵の具を混ぜて自分好みのものにデザインしていきます!

サマースノードーム完成

皆で作った作品を並べて写真を撮りました!日が当たると更にキラキラ光ります☀

カラフルな作品でとても映えてますね~✨

 

 

以上、今回は夏休み期間中に行った感覚統合療法についてご紹介致しました。

日々行っている感覚統合療法や運動療法についてもご紹介していく予定です♪

 

一日のアリスの流れ→https://love-alice.jp/blog/?p=5274 

見学・体験申し込み→https://bit.ly/3ezD4Vv 

LITALICO→https://h-navi.jp/support_facility/facilities/157300 

空き状況確認 元気さーち→http://www.sapporo-akijoho.jp/search/008025/index.html

療育,児童発達支援,放課後等デイサービス,自閉症,自閉症スペクトラム, ASD,ADHD,アスペルガー症候群,ダウン症,広汎性発達障害,知的障害, 感覚統合療法,運動療法,運動療育,ビジョントレーニング,生活トレーニング 認知発達トレーニング,応用行動分析(ABA),ソーシャルスキルトレーニング(SST), 学習支援,個別療育,集団療育,感覚統合トレーニング,ことばの遅れ,グレーゾーン